オールマイティな編集アプリ「VivaVideo」の魅力はここだ!

2017/10/02

スライドショー、自撮り、コラージュ。

そして豊富なBGM素材とおしゃれなフィルターの数々。

動画編集アプリに必要なこと、ほんとんどすべてが揃ったアプリが「VivaVideo」です。

スポンサーリンク

「VivaVideo」はここがスゴイ

コラージュ機能で特別な動画が作れる

「VivaVideo」では、コラージュ動画も簡単に作ることができる。

例えば、吹き出しの中に別の動画を入れてみたり。

ani01

水晶玉の中に別の動画を入れてみたり。

ani02

こんな感じにコラージュ動画が作れます。

作り方もいたって簡単。

アプリを起動したら「コラージュ」と書かれたアイコンをタップします。

IMG_0905

タップするとコラージュ動画の撮影画面に移動します。

ここでまずイメージに合うテーマを選びます。

IMG_0909

テーマを選択したら撮影を始めます。

吹き出しを例に解説していくと、まずはじめに「吹き出しの外の動画」を撮影します。

IMG_0917

吹き出しの外の動画を撮影したら、吹き出しをタップして「吹き出しの内側の映像」を撮影します。

IMG_0911

吹き出しの外側の動画は5.2秒撮影しました。

外側の撮影時間と合わせる必要があるため、吹き出しの内側の動画も5.2秒分撮影します。

撮影が完了すると、自動的に編集画面に移動します。

IMG_0912

編集画面ではテキストの追加や、BGMの設定などが行えます。

今回は一切編集をしていないので割愛しますが、こんな感じで簡単にコラージュ動画を作ることができます。

おしゃれなスライドショーも作れる

おしゃれなスライドショーも「VivaVideo」ならお手の物。

利用テーマ「Moment」

ani03

利用テーマ「Leisure」

ani04

スライドショーを作るには、「写真ムービー」と書かれたアイコンタップします。

IMG_0905_b

タップすると写真の選択画面に移動します。

ここで使用する写真を選択していきます。

IMG_0920

写真の選択が完了すると編集画面に移動します。

ここでは自分のイメージに合うスライドショーのテーマを選んだり。

IMG_0924

スライドショーに使うBGMを選んだり。

IMG_0921

写真にフィルタをつけたり。

IMG_0922

写真一枚あたりの再生時間を0.5秒から10秒まで調整したり。

IMG_0923

スライドショーの作成にも十分な編集機能が備わっています。

スポンサーリンク

ユニークなフィルターで面白い撮影ができる

「VivaVideo」は撮影時にフィルターをつけて動画の撮影ができます。

利用フィルター「Camcorder」

ani05

利用フィルター「Vitascope」

ani06

利用フィルター「Dusk」

ani07

面白いフィルターが他にもたくさんあります。

利用方法もいたって簡単です。

まず動画の撮影を行うため「キャプチャ」と書かれたアイコンタップします。

IMG_0905_c

タップすると動画の撮影画面に移動します。

ここで動画のイメージに合うエフェクトを選んで撮影することができます。

IMG_0931

簡単ですねー。

おわりに

「VivaVideo」は動画編集でやりたいことがほとんどできちゃいますね。

ただ色々できる分、使いこなすのは多少大変かもしれません。

慣れさえすれば動画編集アプリはこれ一つで十分ですね。

何でもできる動画編集アプリ「VivaVideo」その万能さに触れてみてはいかがでしょうか?

VivaVideo(iOS)はこちらから↓

VivaVideo-Bester Video Editor
VivaVideo-Bester Video Editor

VivaVideo(Android)はこちらから↓

オススメ記事

動画の自撮りに超使える!Breettのクリップ式スマートフォンホルダー

スポンサーリンク

関連記事広告

この記事を読んだ人にオススメな記事



-動画クリエイター