仕事が辛い時は新しい働き方を実験しよう

2017/04/11

僕は仕事が辛い時ほど新しいことに挑戦することを勧めています。

スポンサーリンク

「仕事が辛い」は心が苦しんでいるサイン

仕事が辛い時、その理由はなんでしょうか?
人間関係、仕事内容、勤務地、給与、休みが少ないなど。

まず不満点が必ずあります。

そして辛い時というのは、その不満点を我慢できるだけの魅力が、その仕事or会社にはないということなんです。

「そんなところにこのままいては、あなたはダメになってしまうよ。」
という心のサインが「仕事が辛いとき」なんです。

このサインが出たときは、無視するのでなく、現状を変える「何か」を始めるべきなんです。

嫌なことをみつけよう!

何かを始めるにあたって考えておくべきことがあります。
それは、あなたが辛い思いをしなくて済む働き方を見つけることです。

例えば仕事で人間関係が辛いのなら、極力一人でも稼ぐことのできる仕事に挑戦する。
(今だとブロガー、ユーチューバーなどのフリーランス系とか、インターネットは結構一人でできる仕事がある)

仕事内容が辛いのなら、自分の興味や趣味に関係する業界や会社に転職する・独立する。

などなど、必ずなにが辛くて、なにが嫌なのかを分析することからはじめましょう。

これをやらなくては、何かを始めたとしても同じことの繰り返しになるんです。
時間はかかるかもしれないが、焦らずしっかりと向き合う必要があります。

見つけてしまえばあとは行動のみ!
その辛いことを極力しなくてすむ仕事をするために、少しづつステップアップしていけばいいんです。

辛い思いが原動力となり、理想の実現に大きな力となるはずです。

さあ実験をはじめよう!

いきなり大きなことをやる必要はないんです。
少しづつ、今できることからはじめて行けばいい。

辛いと嘆いているだけでは何も変わらない。
何かを変えるには行動しかないのですから。

スポンサーリンク

-人生・仕事