絶対に撮りたい!東京で美しい夜景が撮影できるスポット5選

2017/09/17

どうもこじまろ(@kojimaro7 | Twitter)です。

東京で夜景が撮りたいなぁーと思っていたので、東京で綺麗な夜景が撮影できるスポットを5つ探してみました!

スポンサーリンク

世界貿易センタービルディング展望台

Page 3 of 365 I’ve got a cold, my nose is still running, tomorrow is the last day of my winter holiday so, have a nice day!!! 風邪は全然治りませんが、 半額セールと店員さんの満面の笑みのおかげで 無事にスーツを買えました。 2017年の撮り始めはカポーだらけの世界貿易センタービル。 カポーの皆さん、東京観光の際は世界貿易センタービルも オススメですよ!! もちろんお1人様でも楽しめますよ!!! 明日から仕事初めの方、 社会復帰1週間目はほどほどにしてくださいね。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー #TokyoTower #WorldTradeCenter #observatory #SeasideTop #東京タワー #世界貿易センタービル #展望台 #シーサイドトップ #明日も行きたい #明後日も行きたい #いっそのこと住みたい #nikon #D750 #tokyocameraclub #welcometojapan #team_jp_ #Lovers_Nippon #tokyoinsta ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Junさん(@alohangloose)が投稿した写真 -

東京タワーにスカイツリー。

さらには東京湾、お台場まで一望できる展望台が「世界貿易センタービル展望台」です。

夜景100選に選ばれているので、すごく美しいんでしょうね。

当展望台は、夜景紹介サイト「夜景倶楽部」が主宰する「新日本三大夜景・夜景100選」に認定されました。ぜひ、ご来場頂き、とっておきの夜景をお楽しみ下さい。

展望台 | 世界貿易センタービルディング

料金は大人個人で620円です。

営業時間は10:00~20:30 (受付時間 20:00まで)となっています。

撮影に関しては注意点があります。

個人の趣味の範囲では特に申請は必要はないですが、販売等に利用する場合は申請が必要ですので確認しておきましょう。

世界貿易センタービルディング展望台の詳細についてはこちらから↓

展望台 | 世界貿易センタービルディング

東京都庁 展望台

なんと入場料無料で都内で夜景が見れるスポットが「東京都庁」です。

綺麗ですねー!

ぼくも一度昼間に行ったことがありますが眺めは最高でした。

営業時間は9時30分~23時(南展望室は17時30分まで)となっています。

カメラ撮影での注意事項としては三脚を使った撮影はダメとのことです。

入場料が無料で新宿駅から非常に近いので、気軽に夜景撮影に行きやすいスポットですね。

三脚が使えないのが悲しいですが。

東京都庁展望台についてはこちらから↓

展望室 - 都庁見学のご案内 - 東京都

スポンサーリンク

六本木ヒルズ 東京シティビュー


ものすごい綺麗な夜景が見られると評判なのが六本木ヒルズ展望台の「東京シティビュー」です。

美しいですね。

営業時間は10:00 - 23:00(最終入管は22:30)です。

金・土・休前日はなんと25:00まで営業しています。

まさに夜景を見るために行く場所ですね。

入場料はなんと一般で1800円といいお値段しています。

「東京シティビュー」のさらに上の階にある「スカイデッキ」には一般で別途追加で500円します。

写真を撮るためだけに行くのは少しばかり敷居が高いかもしれませんね。

それでも美しいことは間違いないので、絶対に一度は行って撮影してみたいですね。

ちなみに三脚を使った撮影は「東京シティビュー」ではできますが、注意事項があるので事前に確認しておくことをお勧めします。

「スカイデッキ」では三脚撮影ができません。

ちなみに、「東京シティビュー」ではフォトコンテストも開催されるので、機会があれば参加したいですね。

東京シティビューについての詳細はこちらから↓

東京シティビュー | 六本木ヒルズ

東京タワー

鉄板のスポットですが、やはり綺麗ですね!

小学生の時の修学旅行以来行ってないので、夜景撮影にはぜひとも行きたいですね。

営業時間は大展望台が9:00~23:00(最終入場 / 22:30)となっています。

入場料金は大人900円となっていて、お手頃ですね。

ちなみに三脚使用については情報が発見できず、多分ダメだろうな。

東京タワーについてはこちらから↓

展望台 | 東京タワー TokyoTower オフィシャルホームページ

東京スカイツリー

こちらも鉄板ですが「東京スカイツリー展望台」です。

天望デッキ(350m)と天望回廊(450m)からの夜景は絶景でしょうね。

一度も行ったことがないので行きたいですね。

三脚使用については禁止ではないものの、状況によっては遠慮する必要があるとのことです。

また、東京スカイツリーは三脚について、インフォメーションで確認したところ、禁止規定はありませんが、警備員に止められたら利用を控えて下さいとのことです。

そのため、私は三脚の利用は最小限になりようにし、かつ邪魔にならないように注意しました。
なお、窓ガラスと展望スペースの間を50cmほど遠ざけるようなガラスのフェンスがあります。

そのため、三脚を利用しても夜景撮影は困難な状況と考えて下さい。

東京スカイツリー | こよなく夜景を愛する人へ

料金は時間帯などで変わりますが2000円以上します。

撮影だけで行くにはハードルが高いですねぇ。

展望台の営業時間は8:00~22:00(最終入場21:00)となっています。

年末年始などの時は変更の可能性があるので、公式サイトで確認しておきましょう。

東京スカイツリー展望台についてはこちらから↓

展望台チケット | 東京スカイツリー TOKYO SKYT REE

おわりに

展望台での夜景撮影はなかなかハードルが高いですね。

三脚が使いづらいところが多いですし、料金もなかなか高いです。

それでも素晴らしい夜景が見られるのでその価値はありますし。

撮影は工夫次第ですね。

他にも綺麗な夜景が見られるスポットがあるかもしれないので、引き続き探していきます。

「一眼レフを買ったものの、なかなか使いこなせない...。」

そんな方には動画で一眼レフ講座が学べる「Shummy」がオススメです。

「Shummy」を使えば、プロの写真家が教えてくれる講座を自宅で学ぶことができます。

普通に一回受講したら1万円以上かかる内容が、Shummyでは基本からプロスキルの内容まで含めた3講座全て受講しても7940円(クーポン適用後)と安いです。

カメラの設定から基本的な機能の使い方プロの写真家顔負けのテクニックなど解説しています。

どれも写真撮影に出かける前に抑えておきたい内容ですので、初心者の方には視聴をオススメしますよ。

ちなみに、一眼レフ講座のLesson1が無料で視聴できます。

気に入ったら無料の会員登録をして、次のレッスンへとステップアップしていけばいいですね。

今なら新規会員登録で「1000円OFFクーポン」がもらえるのでお得に受講したい方は、キャンペーンが終了しないうちに無料登録だけでもしておきましょう。

↓Shummyへはこちらから

デジタル一眼レフカメラで、 プロのような写真が撮れる。 | Shummy

スポンサーリンク

-東京の魅力的な撮影スポット情報