二度と居酒屋のアルバイトをしたくない5つの理由

2017/04/29

どうもこじまろ(@kojimaro7)です。

個人的に二度とやりたくないバイトって誰しもあると思います。

ぼくもいくつかあるので、今回はその中の1つ居酒屋を二度とやりたくない理由をご紹介します。

ぼくと同じタイプの方が同じ苦しみを味合わないことがこの記事の目的です。

バイト選びのご参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

居酒屋のキッチン

「もう二度やりたくないアルバイトは?」と聞かれたら真っ先に答えるのが居酒屋のキッチンです。

ぼくは学生時代の初バイトとして居酒屋のキッチンに応募し採用されました。

が、1ヶ月で辞めます。

その時はバイトといえば、飲食店か接客が自分にあってると思い込んでいたんです。

他のバイト仲間と徹底的に合わない

居酒屋初日に感じた違和感として、職場にギャル系の男女しかいないんです。

ぼくはどうも彼らと価値観というか、徹底的に合わないんですよね。

最初はなんとかなると思ったんですが、一緒に働いてるうちに彼らのノリや雰囲気についていけなくなるんです。

仕事終わりに朝5時まで飲み会をやるとか...。

酒癖の悪い先輩に絡まれたりとか。

今思うと男も女も柄の悪い人が多い職場でしたねー。

バイトに行くたびに気持ち悪くなってました。

とにかくあわただしい

お客さんが入ってくるとキッチンはものすごく忙しいです。

料理のメニューや食材の場所まで当然のように覚えておく必要があります。

覚えてないとミスるわけです。

忙しい職場なのでミスると怒号が飛んでくるわけです。

みんな忙しいので余裕がないんですよねー。

なので結構プレッシャーが半端ないです。

出勤5日目でキッチンを一人でやらさせる

これはどこの居酒屋にも当てはまるわけではないのですが、実際にあったことです。

店長は友人の結婚式で休み。

先輩のキッチンも休み。

新人のぼく一人。

もう最悪でしたね。

なんとかホールの方に手伝ってもらいながらお店は回せたので良かったのですが...。

当然ミスもあるわけです。

もちろんぼくも悪いですが、一方的に責められるのはぼくでした。

店長側にも新人を一人にさせないように体制を整える義務があるはずなのに。

これがきっかけで辞める決意をしましたね。

「こんな無能に使われてたら何もいいことないわ。」と思いましたね。

スポンサーリンク

マイペースで仕事したい人には合わない

お客さんが常に待っている仕事のなので、居酒屋の仕事はスピードが求められます。

なので、のんびり自分のペースで仕事がしたいという人には合わないです。

そういう人には清掃のバイトが結構オススメです。

清掃バイトは精神的にラク!接客苦手な人にオススメです

覚えることが多い

居酒屋のキッチンは覚えることが多いです。

カクテルなどのお酒の作り方。

ビールの注ぎ方。

料理のメニューなど。

覚えることが本当に多いです。

そのため、仕事に慣れるまでにすごく時間がかかります。

それまでは怒られることも多いし、ミスもたくさんします。

ミスを受けいれてくれるお店ならいいのかもしれませんが...。

辛い期間を乗り越えればやりやすい仕事になるかもしれませんね。

それまでがものすごく大変なのが居酒屋です。

おわりに

ぼくは居酒屋のアルバイトのいいところを知らないので、悪いところの羅列になってしまいました。

もちろん全ての居酒屋がそうとは言いません。

ですが、やはり向いてる向いていないはあります。

コミュニケーション能力の強い人メンタルが強い人は居酒屋アルバイトはいいかもしれません。

賄いもあるとこはあるし、基本的に時給も高いですからね。

若い人が多いので、男女の出会いのきっかけにもなりやすいです。

一方で以下に当てはまる人は居酒屋などの飲食店のキッチンは向いていないと思います。

・コミュニケーションが苦手

・すぐに焦ることがある

・普段から料理をしない

・メンタルが弱め

当てはまる人はもっと他に適したバイトがあるので、焦って決めずに他を探すことをオススメします。

清掃のバイトとかオススメですよ。

清掃バイトは精神的にラク!接客苦手な人にオススメです

スポンサーリンク

-ライフスタイル, 人生・仕事