コイツデキる...!持ってたら写真が上手そうに見えるエントリー向けのミラーレス

2017/04/29

どうもこじまろ(@kojimaro7)です。

写真撮影を始めてから他人のカメラが気になって仕方がないボクなんですが。

一眼レフで撮影していると、よくかっこいいミラーレスを見かけるんですよねぇ。

「お、このヒト写真できそうだなぁ...。」

「インスタグラムでフォローしたいなぁ...。」

かっこいいミラーレスで撮影している人を見るとそう思います。

そこで今回は。

「エントリー向けのミラーレスを探している。」

「入門機でもカメラの見栄えも性能も妥協したくない。」

そんな人に向けて、カメラ歴一年未満な一眼レフ使いのぼくに「写真もできるオシャレなヒト」な印象を与えることができるミラーレスをご紹介します。

か、金さえあれば俺も欲しいんだあ!

スポンサーリンク

SONY α6000・α5100

Newest lens on the @sony 18-105mm

Erik Larsonさん(@eriksadventures)がシェアした投稿 -

特徴

カメラが自動的にピントを合わせる機能をAF(オートフォーカス)と言います。

SONYのα6000は、このAF(オートフォーカス)のスピードが0.06秒とかなり速い

画面のほぼ全域をカバーする179点像面位相差AFセンサーの採用により追随性が向上し、高速性に優れる位相差AFが様々なシーンで対応可能に。

さらに、世界最速0.06秒(*)のAFスピードを実現。狙った被写体を瞬時にとらえ、大切なシャッターチャンスを逃しません。

* APS-Cセンサー搭載デジタル一眼カメラとして。CIPAガイドライン準拠、内部測定方法、プリAFオフ時、ファインダー使用時。 E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS装着時。2014年2月12日時点、ソニー調べ

α6000 特徴 | SONY

さらに1秒間で最高約11枚の連写撮影が可能だ...と!

加えてイメージセンサーは、一般的なデジタル一眼レフに使われているAPS-Cセンサーを搭載。

「コイツ...デキる...!」

α5100との違い

2014年3月にα6000が発売され、同じ年の9月にα5100が発売。

どちらもAPS-Cセンサーを搭載でカメラの性能は似ているが、大きな違いは以下のようになっている。

  • α6000の連写枚数は最高11コマ/秒。α5100の連写枚数は最高約6コマ/秒。
  • α6000の液晶ディスプレイは、カメラ背面に対して上約90度、下約45度の角度調整が可能。α5100の液晶ディスプレイは180度反転させることできるため、自撮り撮影が簡単。
  • α6000には電子ビューファインダーが内臓され、ファインダーを覗いて撮影することが可能。 α5100は電子ビューファインダーは内臓されていない。
  • α6000の液晶ディスプレイはタッチ操作ができない。α5100の液晶ディスプレイはタッチパネルを搭載、タッチ操作でフォーカスを合わせたり、シャッターを切ることが可能。
  • α6000は約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 45.1 (奥行き)mmで重さは本体のみで約285g。α5100は109.6(幅)×62.8(高さ)×35.7(奥行き) mmで重さは本体のみで約224g。α6000の方が大きく、α5100の方が小型で軽量。
  • α6000のAF(オートフォーカス)スピードは0.06秒。α5100は0.07秒。

きっとこんなヒトが持っているに違いない!

・0.06秒と高速なAF(オートフォーカス)で、動きの速い被写体をとらえ続ける

・毎秒約11コマの連射が可能で決定的瞬間を逃さない

・電子ビューファインダー内蔵で、一眼レフのようにファインダーを覗いた撮影が可能

以上の特徴をふまえると。

「幼い子供の元気よく遊んでいる、そんな愛くるしい瞬間をきろくしている」

「趣味でペットや野鳥などの動物をカッコよく撮影して、インスタで外国人からもいいねされてる」

α6000持っている人を見るとそんな印象を抱きますね。

友達になりたい...。

ついでにα5100の特徴を整理すると。

・α6000に比べて小型・軽量

・液晶が180度反転するほか、セルフィー撮影に便利な機能がある

・タッチ操作等のカンタン操作で撮影ができる

α5100はα6000に比べてセルフィー機能が充実しています。

「どんなところでも子供や大切な人との一緒にいた時間をきろくしたい」

そんな思いやりのある優しい人が持っているという印象を抱きますね。

女性が持ってたら惚れちゃう。

2017年2月3日(金)~2017年5月7日(日)の期間に、α6000またはα5100をご購入いただいた方向けに、最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを実施していますよ。

詳しくは下記のページをご参照ください。

スタートαキャンペーン | SONY

α6000で撮影された写真

α6000で撮影された写真をもっとみる↓

α6000 撮影サンプル | SONY

インスタグラムで α6000と検索した結果 | Instagram

参考になるレビュー

α6000の詳しいレビューはこちらの記事がわかりやすいです↓

「α6000使用1年レビュー」高速AFは子供や犬・猫を追いかけスナップ撮影も得意なカメラ | cameraama

α6000をAmazonでチェックする↓

α5100をAmazonでチェックする↓

スポンサーリンク

OLYMPUS OM-D E-M10 MarkII

特徴

クラシックカメラのようなレトロのデザインが最高にオシャレ。

そして何と言っても、角度ブレ、シフトブレ、回転ブレも防止できる「5軸手ぶれ補正」が最大の魅力なミラーレス一眼が「OM-D E-M10 MarkII」です。

ピンボケのように見える失敗写真の多くは、実は手ぶれが原因でした。

E-M10 Mark IIは5軸手ぶれ補正を搭載しているので、あらゆるシーンで失敗の少ない美しい一眼品質の写真を撮れます。

E-M10 Mark II 5軸手ぶれ補正 | OLYMPUS

5軸手ぶれ補正により、どんな場面でも片手持ちで安定した動画や写真の撮影ができます。

さらに静音撮影機能も搭載されているため、カフェなどの静かな場所でも周りを気にしなくていいです。

電子ビューファインダーも内臓されているので、一眼レフのようにファインダーをのぞいて撮影できます。

きっとこんなヒトが持っているに違いない!

OM-D E-M10 MarkII」の特徴はなんといっても5軸手ぶれ補正

どんな場面・場所でも安定したうつくしい写真が撮影できるという特徴を踏まえると。

「さんぽや買い物の時でも、シャッターチャンスを逃したくないヒト」

「夜景や風景などの写真をメインに撮影してるヒト」

OM-D E-M10 MarkIIで撮影している姿をみると、まるでカメラのプロが休日の趣味で撮影しているような印象を持ちますね。

インスタでフォローしたい...。

OM-D E-M10 MarkIIで撮影された写真

OM-D E-M10 MarkIIで撮影された写真をもっとみる↓

OM-D E-M10 MarkII ユーザー投稿写真 | OLYMPUS

インスタでomdem10mkiiと検索した結果 | Instagram

参考になるレビュー

OM-D E-M10 MarkIIの詳しいレビューはこちらの記事がわかりやすいです↓

オリンパス「OM-D E-M10 Mark II」実写レビュー - 手ブレ補正を強化した贅沢なエントリー向けミラーレス | マイナビニュース

OM-D E-M10 MarkIIをAmazonでチェックする↓

おわりに

以上が、ぼくに「コイツできる...!」と思わせるエントリー向けのミラーレス一眼でした。

今回紹介したミラーレス一眼を持っている方。

遠くでチラチラと羨ましそうにみたいる男がいたらぼくですので、その際は優しいスマイルを向けてください。

以上、こじまろ(@kojimaro7)でした!

スポンサーリンク

-ミラーレス一眼の選び方