カラオケアプリ「Sing!」無料・有料どちらも楽しく使うための全知識

2017/10/02

どうもこじまろ(@kojimaro7)です。

歓迎会・忘年会・同窓会に飲み会といえばカラオケ。

二次会でカラオケとか行く方は多いはずです。

そこで上手に歌えるように今から練習しておきたいですよね。

そんな方におすすめなのが、カラオケアプリの「Sing!」です。

この記事では無料で「Sing!」を楽しむ方法から、有料会員(VIP)の魅力までご紹介しています。

カラオケアプリ「Sing!」を思う存分楽しみたいと思っている方は必見ですよ!

 

「Sing!」で無料で歌ってみよう〜無料会員編〜

Singでは無料会員と有料会員で機能の違いがあります。

ここでは無料会員視点でアプリを使っていきます。

会員登録をしよう!

Singの利用には無料の会員登録が必要なので登録をしていきます。

img_1220

facebookアカウントを利用するか、メールアドレスとパスワードを入力していきましょう。

入力が完了すると、自分の好きな歌のジャンルの選択と、一曲だけ自分一人で歌えるソングのプレゼントがあります。

これらが完了すれば登録は完了です。

無料で歌ってみよう!

無料会員の方がSingでカラオケを歌うためには、有料会員の方が一部のパートを歌って公開している音源を探す必要があります。

これをSingではOpenCall(オープンコール、略してOC(オーシー)と言います。

自分の歌いたい歌がオープンコールされていれば歌うことができます。

実際にやっていきましょう。

下記の画像はSingアプリにログイン後に見れるソングブックというページです。

このページでは、オススメの音楽を見たり検索をすることができます。

img_1245

試しに有名なアニソンのButter-Flyを歌ってみたいので「歌う」をタップします。

するとこのようなページに移動します。

img_1247

ここには無料会員と有料会員で違いあります。

無料会員の方の場合は、ソロで歌うことはできません

試しに「自分で曲をスタート!」をタップすると。以下のような画面になります。

img_1248

このように無料会員の方は自分一人で歌うことはできません。

自分一人で歌いたい場合は有料会員になる必要があります。

 

無料会員の方は、「無料で誰かの曲に参加する」をタップしましょう。

img_1247_2

するとButter-Flyでオープンコールされている投稿の一覧が表示されます。

img_1249

ちなみに再生ボタンを押せば、投稿者さんの歌声を聴くことができます。

では試しに歌ってみましょう。

歌うために「参加する」というボタンをタップします。

img_1249

するとロードが始まります。

img_1250

ロードが終わると歌詞が表示され、メロディーが流れます。

グレーになっている歌詞の部分が投稿者さんが歌っているパートです。

img_1251

参加者の方は基本的に青色と黄色になっているパートの部分を歌います。

img_1252

黄色の部分は投稿者さんと一緒に歌うパート。盛り上がりますねー。

img_1253

このようにパードごと交互に歌っていくことになります。

歌ったソングを編集して公開しよう!

歌い終わるとこのような画面に移動します。

img_1256

この画面では、自分の歌った歌を聴くことができたり、自分の音声にエフェクトをかけたりなどの編集ができます。

ちなみに数字は採点のようなもの。

この点数が高いのか低いのかはわからないのでお許しを。

(知らない方がきっと幸せだろう...)

もう一度最初から歌いたい場合は左上をタップします。

img_1256_6

歌を保存せずに終了したい場合は右上の「×」をタップします。

この場合、「公開」も「保存」もされません。

img_1256_7

再生ボタンをタップすると、録音した歌を聴くことができます。

img_1256_2

マイクアイコンの場所で、自分の音声を大きしたり小さくすることができます。

img_1256_3

「次へ」をタップすると歌が保存されます。

img_1256_5

歌を保存すると「レコーディング」として自分のタイムラインに表示されます。

img_1258

保存して公開されてるソングは誰でも聴くことができるようになります。

もちろんOCを出してくれた相手にも通知がいって一緒に歌ってくれた曲を聴いてくれます。

せめてこの記事を読んで「Sing!」を始めたいと思った人は、デュエット相手に対して心無い誹謗中傷をすることだけはやめてくださいね

一緒に楽しく使っていきましょう!

スポンサーリンク


保存したソングを削除する方法

「Sing!」で歌って保存した曲は誰でも聴くことができます。

「非公開にして自分だけが聴く」といったことはVIP会員にしかできないので、無料会員の方が非公開にしたくなった時は保存した曲を削除する必要があります。

曲を削除するためにまず自分のプロフィールページに移動します。

プロフィールページから削除したい曲を2回タップしましょう。

2回タップすると下記の画像のような画面に移動します。

上記の画像のような画面に移動したら「・・・」をタップします。

するとメニューがでてきて「削除」という項目があるのでタップします。

「削除」をタップすると最後に確認画面が出るので、そこでもう一度「削除」をタップすれば曲を消すことができます。

 

「既にVIPになっています」について

「既にVIPになっています」と表示が気になりますよね。

こちらはiOSアプリのみの仕様で、勝手に有料会員になってるわけではないのでご安心ください。

すでにVIP登録しているユーザーで、支払いをしているのに有料機能が使えない場合は右下の「リストアをタップすることでVIP機能が使えるようになります。

有料会員の機能を7日間無料で体験するコースに登録すると7日間後に自動で課金されてしまいますので注意が必要です。

スポンサーリンク


「Sing!」VIP会員になるメリット〜有料会員編〜

ここからはSingのVIP会員になるとできることをご紹介します。

ソロで歌える

無料会員の場合はソロで歌うことはできません。

一方で有料会員の方は、好きな曲を自分一人で歌うことができます。

ぼくはずっと無料会員だったので、「Sing」でソロを歌ってみたらすっごい気持ちよかったです。

ソロモードは練習に最適ですね。

VIP専用のエフェクトが使える

「Sing」の音声エフェクトには有料会員だけが使えるエフェクトが2つあります。

VIPマークがついた、「SUPER POP」「SUPER STUDIO」です。

 

特におすすめなエフェクトが「SUPER STUDIO」ですね。

「SUPER STUDIO」は自然な声の感じで、透き通った綺麗な音になるので歌いやすいです。

たまにオープンコールに書かれた「SS/20.20」などと言う文字は、「SUPER STUDIO」の設定数値のことなんです。

有料会員の方は、けっこう使われている方が多いはず。

無料会員のときは「STUDIO」を使っていたのですが、高音がこもったり、反響の強さがこのみじゃなかったんですよね。

使ってみてやっぱり「SUPER STUDIO」はすごくいいです。

「SUPER POP」はSEKAINO OWARIみたいな感じです。

人気曲はVIPだけが歌える

有料会員の方は「VIP」とマークの入った曲も歌うことができます。

カラオケでも人気があるような曲は、VIPマークが入ってることが多いです。

歌いたい曲にVIPマークがついていたときは落ち込みましたねー。

でも有料会員の方はそんなことを気にせずに、歌いたい曲が歌えるのでいいですね。

制限がないのは気持ちがいいです。

オープンコールが作成できる

「自分の歌をたくさんの人に聴いてもらいたい。」

「あやふなところを上手な人に歌ってもらいたい。」

「Singで一緒に楽しく歌える仲間をみつけたい。」

これらの要望を叶えてくれるのが、オープンコールの作成です。

オープンコールを作成すれば、その曲を一緒に歌いたい人が必然的に自分の歌声を聴いてくれます。

その際に自分の歌い方、盛り上げ方、キャラが気に入ってもらえればフォロワーも増えていくでしょう。

ただ心無い誹謗中傷を言われることもあるようですが、気にしないようにしましょう!

また歌のあやふやな部分は歌わず、上手な人に任せれば練習にもなります。

これは有料会員でないとできないことですね。

 

ちなみに、オープンコールの作成はいたって簡単です。

歌いたい曲を選んだら「デュエット」を選びます。

「デュエット」を選んだら「すでにパート分けされている」ものか、「自分でパートを作成する」かを選ぶことができます。

「すでにパート分けされている」設定の場合は、自分のパートになっているところを歌うだけです。

一方で「自分でパートを作成する」設定の場合は、歌わなかった場所が相手パートになります。

どちらか好きな方を選んで歌っていきましょう。

歌い終わるといつもの画面に。

エフェクト等問題なければ「次へ」をタップして進みましょう。

「次へ」をタップすると下記の画像のような画面へ移動します。

コメントには歌ってみた感想や、使ったエフェクトの情報などを書くとオープンコールに参加してもらいやすいでしょう。

「公開」の設定の場合は誰でも参加することができ、フォロワーも招待することができます。

一方で「公開」から「プライベート」に切り替えた場合は、自分がフォローしている人に招待を送ることで一部の人のみオープンコールに参加してもらえます。

お好きな方に設定を変更し、問題なければ右上の「保存」をタップすればオープンコールが投稿されます。

今回は公開設定のまま投稿してみました。

このようにオープンコールが投稿されているのがわかります。

オープンコールを取り消したい場合は、まず自分のページからオープコールしている曲を選びタップします。

すると下記の画像のような画面に移動しますので、曲名の場所を1回タップします。

すると音楽が再生されますので、もう一度同じところをタップしましょう。

すると下記の画像のような画面に移動しますので、「・・・」となっているところをタップしましょう。

すると下記の画像のような画面が表示されるので「削除」をタップすれば消えます。

スポンサーリンク


「Sing!」の課金方法

VIP会員の値段

VIP会員を始める方法は2つあります。

一つは、singのiOSアプリまたはAndroidアプリから直接課金すればVIP会員になることができます。

iOSアプリの料金プランは一週間のみ場合900円で、一ヶ月の場合2000円です。

Androidは一ヶ月の料金プランで700円となっています。

二つ目はsmule.comからVIP登録する方法です。

smule.comからの登録の場合、1ヶ月の料金が560で、一年間の場合は2800円となっています。

圧倒的にsmule.comからVIP登録した方が安いですね。

なぜ値段が違うのか

smule.comと直接やり取りしたわけではないので推測ですが。

まずAndroidとiOSでは機能に格差があります。

iOSの方が歌ってるときの音質が断然いいですし、歌いながらエフェクトを試すことができます。

一方でAndroidは音質悪いし、歌っている時の音はこもるし、iOSアプリで使っている人からしたら、とても使えたものではありません。

そのためAndoridは安く、iOSは高めに設定しているのでしょう。

ではsmule.comから直接VIPになる時の値段と、アプリから直接課金する場合では、なぜここまで値段が違うのでしょうか。

アプリから直接課金された場合、アプリの売り上げから手数料をGoogleまたはAplleに支払う必要があります。

つまりアプリから直接課金されると中間業者(AppleとGoogle)に売り上げの一部がいっちゃうわけです。

この手数料が結構高いんですよ。

一方でsmule.comから直接課金してもらえば、売り上げがそのままsingのアプリを開発しているsmuleに入ります。

つまり「中間業者がいない=手数料がかからない」ので、smule.comから直接課金してもらうと安くできるのです。

あくまでアプリの開発している会社に勤めていた元エンジニアのぼくの推測ですが。

どちらがお得か?

これから値段が変わる可能性もあるかもしれませんが、現状ではsmule.comからVIP登録した方が圧倒的に安くてお得です。

smule.comからVIP登録した場合、AndoridとiOS両方でVIP機能を使うことができます。

またデメリットもあります。

smule.comとの直接の取引となるので、なんかあった場合はsmule.comのサポートと英語でやり取りする必要があります。

またsmule.comが何らかの理由でハッキングされたりしたら、クレジットカードの情報が漏洩する可能性があります。

アプリからの課金なら、GoogleやAppleが仲介するので日本語でのサポートが受けられます。

またセキュリティのレベルはGoogleやAppleのほうが間違いなく高いです。

その辺のリスクを踏まえた上でsmule.comからVIP登録するかどうかを判断して、自己責任で行ってください。

smule.comからVIP登録するまでの手順

まずはsmule.comの公式サイトへ行きます。

smule.com

こんな感じのサイトが表示されます。

左上をタップして、メニューを開きます。

メニューが開いたら「Get VIP」をタップしましょう。

すると下記の画像のようなページに移動するので、1年契約(2800円)か1ヶ月契約(560円)のどちらかをタップしましょう。

タップするとログインすることを求められます。

ぼくはSingを使う際に登録したメールアドレスを入力して、ログインする方法を選びました。

メールアドレスでログインする人は事前にアプリからパスワードの設定をしておきましょう。

パスワードはマイページを開いて、左上のアイコンをタップします。

画像を見やすくするためと、あとちょっと恥ずかしいので一部情報をボカしてます。

タップしたら設定画面が開きますのでパスワードを入力していきましょう。

パスワードを入力して「変更送信」をすれば設定完了です。

ちなみにメールアドレスを忘れた方は、この設定画面に登録したメールアドレスが記載されているので、ここで確認ができますよ。

メールアドレスとパスワードを入力して、ログインしてきます。

ログインに成功すると、クレジットカードの情報を入力するページが表示されます。

お支払いに利用するカード情報を入力していきましょう。

「送信する」を押すと取引が実行されます。

問題なければ下記の画像のように「お支払いが完了しました。」というページが表示されます。

後はアプリを再起動すれば、VIP機能が使えます。

 

smule.comから有料会員になった場合も、アプリからの直接課金と同様で自動更新となります。

有料会員を辞めたい場合は自分でキャンセルをする必要があります。

キャンセルの方法は、smule.comにログイン後メニューを開きます。

メニューを開いたら「アカウント」をタップしましょう。

アカウントをタップするとお支払い情報が表示されます。

有料会員を辞めたい場合は「キャンセル」を押しましょう。

すでにアプリから課金していてsmule.comからの課金に切り替える場合は、事前にアプリ課金をキャンセルしておく必要があります。

アプリからの課金をキャンセルせずにsmule.comからVIP登録すると、アプリからの支払いとsmule.comからの支払いで二重払いとなります。

smule.comからの課金に切り替えたい場合は、事前にアプリからの課金をキャンセルしておきましょう。

またsmule.comからVIP登録するにはクレジットカード(VISA, MasterCard, American Express, DISCOVER)が必要です。

クレジットカードがない方は、年会費無料の楽天のクレジットカード(ブランドはVISAまたはMasterCard)を作るのがオススメです。

カード発行後1週間で手元に届きますし。

さらにはキャンペーン期間中に入会すると、ファッションアイテムなどが買える楽天市場で使える2000円相当のポイントももらえてお得です。

ファッションアイテムの一つぐらいはポイントで購入できちゃいますね。

デメリットをあげるとするならば、「申し込み」で必要事項を入力するほんの少しの作業が発生するぐらいです。

どうせ無料ですし持っていても損することはないので、ポイントがもらえるキャンペーンが終了しないうちに作っておきましょう。

 楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ

スポンサーリンク


VIP会員(有料)アプリ課金の辞め方

有料プランは自動更新ですので、やめるには自分で定期購入を解約する必要があります。

また、iOS版でのみ提供されている有料プランの7日間無料体験コースも、期日が終了したら自動更新で支払いが発生します。

解約したい場合は、期日までにご自分で解約の手続きをしましょう。

iOS

iOSで有料プランをやめるには、まず設定画面を開きます。

設定画面の中から「iTunesとApp Store」という項目をみつけます。

「iTunesとApp Store」をタップすると下記の画像のような画面に移動します。

「Apple ID:〜」という項目をタップしましょう。

すると下記のような画面が表示されますので、「Apple IDを表示」をタップしましょう。

パスワードの入力が求められますので、iTunesとApp Storeで使っているパスワードを入力しましょう

パスワードの入力が完了すると下記の画像のような画面に移動します。

「登録」という項目をみつけてタップしましょう。

すると下記の画像のような画面に移動します。

見てみると「VIP完全アクセスパス(1ヶ月)」のところにチェックがついているのがわかります。

つまり「VIP完全アクセスパス(1ヶ月)」の定期購入をしているということです。

定期購入をやめる場合は「トライアルをキャンセルする」をタップしましょう。

「トライアルをキャンセルする」をタップすると、下記の画像のような画面が表示されます。

「確認」をタップしましょう。

「確認」をタップすると、定期購入の解約が完了します。

「VIP完全アクセスパス(1ヶ月)」のところから、チェックが外れているのがわかりますね。

以上で「Sing!」iOS版の有料プランの解約及び、無料トライアルの解約が完了です。

Android

Androidで有料プランをやめるには、まずGoogle Playのアプリを開きます。

Google Playを開いたら下記の画像の左上に印をつけた場所をタップしましょう。

タップすると下記の画像のようなメニューが表示されます。

「アカウント情報」と書かれた項目をみつけてタップしましょう。

「アカウント情報」をタップすると下記の画像のような画面に移動します。

「定期購入」と書かれた項目をみつけてタップしましょう。

「定期購入」をタップすると下記の画像のような画面に移動します。

定期購入をやめる場合は「キャンセル」をタップしましょう。

タップすると下記の画像のような画面が表示されます。

定期購入を解約する場合は「定期購入を解約」をタップしましょう。

以上でSing!Android版での有料プランの解約が完了です。

おわりに

以上、「Sing!」を楽しむための使い方の解説記事でした!

無料会員の方は、基本的にオープンコールされている曲を投稿者さんと一緒に歌っていくという使い方になっていきます。

よっぽどマイナーな曲以外は、結構オープンコールされているので、ほとんどの曲を歌うことができます。

それに歌が上手な方が多いので、一緒に歌ととても楽しいですよ。

ある程度慣れてきたらハモリや合いの手、さらには「声劇」などにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

Sing(iOS)こちらから↓

Sing! Karaoke by Smule
Sing! Karaoke by Smule
Developer: Smule
Price: Free+

Sing(Android)こちらから↓

Sing! by Smule
Sing! by Smule
Developer: Smule
Price: Free+

スポンサーリンク


関連記事広告

この記事を読んだ人にオススメな記事



-歌い手