人間関係のリセットで救われた話

2017/04/11

「人間関係 リセット」と検索すると、人間関係をリセットすることはよろしくないという記事が結構ヒットします。

もちろんどんなことにもメリット・デメリットありますから、それを否定はしません。

ただ人間関係をリセットすることで良いこともあるんです。

スポンサーリンク

なぜ人間関係をリセットしたか

ぼく自身、最近会社を辞めたタイミングで多くの人との関係をリセットをしました。

大学時代にお世話になった人や同僚に上司です。

理由は3つあります。

1つ目は、会社勤めのときの辛かった日々を思い出したくないから。

2つ目は、表面上の付き合いしかしてこなかったから。

3つ目は、とにかくそっとしておいてほしいから。

といった自分勝手な理由なんです。

どのようにリセットしたか

まず連絡を一切受け取らないために、Facebookをアプリからアンイストールしました。

アカウントを他サービスで利用しているため退会はまだしていませんが、会社を辞めてからは一切ログインしていません。

Messangerでメッセージが来ていましたが、一切見ていません。

別れ方としては非常にいい加減です。

とわかっていても、自分にはその別れ方が必要でした。

会社勤めの日々は常に周りの目ばかり気にして生きていました。

それが辛くて辛くて、ぼくの心はとにかく一人になること望んでいたんです。

繕った自分が作り出した人間関係から一刻も早く逃げ出したかった。

一人一人に事情を説明することがものすごく心に負担なので、ぼくは何も言わずに関係を切りました。

そのため、ぼくが会社を辞めたことを未だに知らない人もいます。

スポンサーリンク

リセットしてどうなったか

人間関係をリセットしたおかげで、いまは自分のことを一番に考えられるようになりました。

会社勤めのときは、上司やチームメンバーにユーザー、そして自分に期待してくれる人。

とにかく他人のことばかり気にしていたので。

無理して真面目で誠実な人間になろうとしていました。

今は見失っていた自分を徐々に取り戻しつつあります。

それに本当に大切にすべき人が、ぼくの中で見えてきたのも人間関係をリセットしたおかげです。

おわりに

人間関係をリセットすることは良くないという記事が多いと冒頭で言いました。

ですが周りの考えで左右せず、今の自分の状況にとって何が最善か自分で判断することが一番です。

もしぼくがそれらの考えに流されていたら、未だに苦しい人間関係の中で、自分を消耗し続けていたでしょう。

自分の直感に従って人間関係をリセットしたことでぼくは救われましたよ。

スポンサーリンク

関連記事広告

この記事を読んだ人にオススメな記事



-人生・仕事