だから僕は目標や夢を叶えられなかった

2017/04/11

大学生の頃の僕には夢がありました。
「世界中の人が使ってもらえるWebサービスを作って、世界中の人に自分を認めてもらう。」

そのために、学生のうちにWebサービスを作って起業するという目標を立てていました。ですが、この目標を達成することはできませんでした。

スポンサーリンク

なぜ目標や夢が叶わなかったのか

僕が目標を達成できなかった理由は二つあると思っています。

・目標を具体的にしなかった

何をもって目標の達成とするかをはっきりさせていませんでした。
そのため日々の取り組みが、夢を叶えることにつながっているのか、わかりませでした。

「Webサービスを作って起業する。」という漠然した目標のままでは、やるべきことが見えてこないんです。その結果、次第にどこに向かって進んでいるのか、わからなくなりました。当然やる気もなくなっていきました。

とりあえず行動していると前に進んでいるように思えます。
ですがたどり着くべきゴールを明確にしてから行動をしないと、道に迷って時間を無駄にするんです。

・うまくいかない理由を分析しなかった

「Webサービスを作って起業する。」この漠然とした目標を達成するために、私が取り組んだことは、まずプログラミングの勉強でした。自分でゼロから作ったというこだわりが欲しくて、独学でプログラミングを勉強しながらWebアプリケーションを作成していました。

大学2年生から大学4年生までで、Webアプリ・ネイティブアプリを含め、10個以上のアプリケーションを作成しました。
ですがどれも作って満足してしまい、その後に修正することもなく別で新しいものを作る。という行動を2年間繰り返していました。

プログラミングスキルは多少あがりましたが、目標を達成することはできませんでした。当然です、目標が漠然としたまま行動していたのですから。

何も考えていなかったから、ただ作ることしかできなかったんです。
ただ前に進みたい一心で。

いま思えば、なぜ目標を達成できないのかを分析をしていたら、同じことを繰り返すこともなかったと思います。

スポンサーリンク

どうすれば目標や夢は叶うのか

この失敗体験からどうしたら夢や目標が叶うかを考察してみました。
基本的にはうまくいかなかった行動と、反対のことをすればいいんじゃないかと思っています。

・小さな具体的な目標を設定する

目標とは夢を叶えるための道しるべです。これが見えていないと、自分が夢に向かって進んでいるのかを客観的に判断することができないんです。

客観的に判断できないと、夢を叶えることにつながらない行動を何度も繰り返して時間だけが過ぎていきます。そうならないためにも、いまの取り組みが正しいのか正しくないのかを判断する基準が必要だと思いました。

ただ大きすぎる目標は振り返るのに時間がかかりすぎます。
そこで僕は少ない期間で達成できるであろう小さな目標を設定することで、
いまの取り組みを評価しています。
大きい小さきの基準は一ヶ月で達成できるものと、そうじゃないもので分けています。

例を挙げるとこんな感じです。

-----------------------------------------
<目標>
・11月のPV数1000以上獲得する。
・一週間のPV数で250PV以上を達成する。
-----------------------------------------

目標を具体的にする際に数字で表せると一番いいと思います。
振りかえったときに、いいか悪いかの判断がしやすいので。

目標を具体的にすると、何をすべきかが見えてきます。

-----------------------------------------
<そのために何をするか>
・毎日一記事更新する
・一週間で14個のネタをタイトルにまで落とし込む
・SEOを勉強する
・タイトルのつけ方を勉強する
・文章の書き方を勉強する
-----------------------------------------

あとはこの目標を振りかえって今後の行動を決めていけば、成果につながらない行動をして時間を無駄にすることもなくなるはずです。

・自分の取り組みを分析する

次に進むためには振り返りが必要です。設定した目標が達成できなかったら、なぜ達成できなかったのか考えます。
その考えた結果、行動や目標を見直して次につなげます。
-----------------------------------------
<課題>

・文章の作成とネタを考えるのを同時にやると、記事が書けない。
→ ネタいくつかタイトルにまで落とし込んで用意しておく。
-----------------------------------------

目標が達成できたら、もっと上の目標を設定していきます。
-----------------------------------------
<目標>

・一つの記事の作成時間を五分短縮する。
<やること>
・記事の作成時に誤字脱字を減らすことで、見直しの回数を減らす。
-----------------------------------------

行動したら分析する。分析したら行動する。このサイクルを上手に回していけば、成功に浮かれ、失敗により自信を損失することもなく、冷静に物事を判断することができます。

まとめ

僕は焦っていました。
学生のうちに夢を叶えようとして、考えることを捨て、作ること以外をしませんでした。でもそれではダメでした。

焦っていたのは、自分が夢に近づいてるのかを判断する術を知らなかったからなんです。でも失敗から学んだので、次はうまくいくと思っています。

やるべきことと夢までの道筋が見えていて、
失敗にも成功にも焦ることなく冷静に判断していけるのですから。

夢、叶えますよ。

スポンサーリンク

-人生・仕事