ラズベリーパイ3を始めるために買ったものとセットアップ方法

どうもこじまろ(@kojimaro7)です。

このたびラズベリーパイ3を購入しました。

セットアップも「Rasbian」がプリインストールされたmicroSDを購入したので、時間もそんなにかからず簡単にできました。

実際にやったことを元に、ラズペリーパイ3のセットアップについての解説をしていきます。

なお「Rasbian」がプリインストールされたmicroSDカードを利用してでのセットアップ方法のため、OSのインストール方法については解説していません。

スポンサーリンク

ラズベリーパイ3を始める前の準備

ラズベリーパイ3はどんな構成にするかで揃えるものが変わってきます。

ラズベリーパイ3を別のPCからSSH接続でリモート操作するなら以下のものだけで十分です。

  • ラズベリーパイ3本体
  • OSを入れるためのmicroSDカード
  • ラズベリーパイ3本体を動かすための電源ケーブル

ラズペリーパイ3をデスクトップPCのようなGUIで操作するなら以下のものが必要となります。

  • ラズベリーパイ3本体
  • OSを入れるためのmicroSDカード
  • ラズベリーパイ3本体を動かすための電源ケーブル
  • USBタイプの外付けキーボード
  • USBタイプのマウス
  • ディスプレイ

購入したもの

ぼくはSSH接続での操作とGUIでの操作と両方やりたかったので、キーボードとマウスを追加で購入しました。

ディスプレイはもともとデュアルディスプレイ用に使っているものを利用しています。

↓ラズベリーパイ3本体

↓「Rasbian」がプリインストールされたmicroSDカードと電源ケーブル

ラズベリーパイ3では電源ケーブルとmicroSDカードの相性のトラブルがあるとのことです。

大容量を必要とするRaspberry Pi3の電源トラブルで最も多いのは、ACアダプターの容量の不足ではなく、ケーブルとスイッチの抵抗による電圧降下の問題です。

スマートフォン用の内部の銅線が細い電源ケーブルの流用による電圧降下、長すぎるケーブル、接触抵抗の大きな不適切なスイッチによる電圧降下で、多くのPi3ユーザがフル負荷稼働時にPi3のシャットダウンやフリーズの現象に悩まされています。

Raspberry Piスターターパック (Economy) - Pi3検証済 | Amazonの商品説明より

Micro SDカードもRapberry Piを利用する上では、Raspberry Piとの相性でトラブルになるケースが多くあります。

Raspberry Piスターターパック (Economy) - Pi3検証済 | Amazonの商品説明より

ここは素直にラズベリーパイ3用に設計されたものを購入しました。

↓USBキーボードは安さ重視でこちらの商品を購入しました

エレコム ELECOM TK-FCM084WH [コンパクト有線キーボード メンブレン式 USB接続 ショートサイズ ホワイト] | ヨドバシ.com

↓マウスも安さ重視でこちらの商品を購入

Digio デジオ MUS-UKT102W [有線静音3ボタンBLUE LEDマウス ホワイト] | ヨドバシ.com

↓ディスプレイはもともとあるものを利用しました

ラズベリーパイ3のセットアップ

必要なもの接続していく

ラズベリーパイ3に必要なもの接続していきます。

まず、キーボードとマウスを接続。

wi-fiでインターネット接続するため、有線LANは接続していません。

microSDカードを接続。

次にHDMIケーブルと最後に電源ケーブルを接続します。

あとは電源ケーブルのスイッチを押せばラズベリーパイ3が起動します。

ディスプレイにGUIが表示され起動しました!

使いやすいようにセットアップしていこう!

ラズベリーパイ3が起動したら、基本的な設定をしていきます。

まずは左上のラズベリーのアイコンをクリックしましょう。

次に「Preferences」と表記された場所をクリックします。

最後に「Raspberry Pi Configuration」と表記された場所をクリックします。

「Raspberry Pi Configuration」をクリックすると下の画像のようなものが表示されます。

ここで基本的な設定などをしていきます。

1. 日本語表示に設定しよう

まずは「Localisation」と表記されたタブをクリックします。

すると下記の画像のような画面が表示されます。

まずは一番上の「Set Locale...」をクリックします。

表示が変わったら、Language」を「ja(Japanese)」にします。

続いて、「Country」を「JP(Japan)」に、「Character Set」を「UTF-8」にしていきます。

変更したら「OK」ボタンをクリックしましょう。

2. 日本時間を設定しよう

続いて時計の設定をしていきます。

まず「Set Timezone」をクリックしましょう。

表示が変わったら、「Area」という項目を「Asia」と選択します。

続いて「Location」という項目を「Tokyo」と選択します。

それぞれ選択したら「OK」をクリックしましょう。

3. キーボードの設定をしよう

続いてキーボードの設定をしていきます。

「Set Keyboard...」をクリックしましょう。

「Set Keyboard...」をクリックすると表示が変わります。

ここでは、「Country」という項目では「Japan」を選択します。

「Variant」という項目では「Japanese」を選択しましょう。

選択ができたら「OK」をクリックします。

4. Wi-Fi Countryの設定をしよう

続いて「Wi-Fi Country」という項目の設定をしていきます。

「Set WiFi Country...」と表記されたボタンをクリックします。

「Set WiFi Country...」をクリックすると表示が変わります。

次に「Country」という項目では「JP Japan」を選択します。

選択したら、「OK」をクリックします。

5. 再起動して設定を反映させよう

全ての変更が完了したら、最後に一番下の「OK」ボタンをクリックします。

すると表示が変わりますので、「YES」をクリックして再起動しましょう。

再起動するとメニューの項目が日本語に、時計も日本時間に変わっているはずです。

Wi-Fiでインターネットに接続する

ラズベリーパイ3は有線LANの他にWi-Fiでインターネットに接続することができます。

下の画像の矢印で示したアイコンをクリックして、次に「Turn On Wi-Fi」クリックします。

「Turn On Wi-Fi」をクリックしたら、もう一度同じアイコンをクリックします。

次に自分が使っている無線LANを探してルーターのパスワードを入力すればWi-Fi接続の完了です。

パッケージをアップデートしよう

ラズベリーパイ3がインターネットに繋がった状態で、各種パッケージ等を最新版にアップデートします。

下記の画像でカーソルを重ねているアイコンをクリックして、「LXTerminal」を起動しましょう。

または、メニューから「アクセサリ」をクリックして、「LXTerminal」を起動することもできます。

「LXTerminal」をクリックすると黒い画面が表示されます。

まずはこの画面で「sudo apt-get update」と入力して、キーボードの「Enter」を押しましょう。

すると更新が始まりますので気長に待ちましょう。

更新が終了したら、続いて同じように「sudo apt-get upgrade」と入力して「Enter」を押します。

すると「続行しますか?[Y/n]」と表示されますので「Y」と入力して「Enter」を押しましょう。

更新が終わるまで時間がかかりますが気長に待ちましょう。

日本語が入力できるように設定しよう

パッケージのアップデートが完了したら日本語の入力ができるように設定します。

「LXTerminal」で「sudo apt-get install jfbterm uim uim-anthy」と入力して「Enter」を押します。

するとインストールが始まりますので、こちらも時間がかかりますが気長に待ちましょう。

インストールが完了すると日本語の入力ができるようになっています。

スポンサーリンク

SSH接続の設定

SSH接続への設定は必須ではないです。

ぼくはSSH接続を利用するため、一応やり方を記載しておきます。

まず、ラズベリーパイ3側でSSHの利用を許可する必要があります。

メニューの「設定」から「Raspberry Piの設定」を選びます。

「Raspberry Piの設定」画面を開いたら「インターフェース」と書かれたタブをクリックします。

「インターフェース」をクリックしたら、SSHという項目があるので「有効」をクリックします。

最後に「OK」をクリックすれば変更が反映されます。

あとはSSH接続したいパソコンのターミナルからssh pi@raspberrypi.localとコマンドを入力して、パスワードを入力すれば接続ができます。

パスワードはデフォルトで「raspberry」となっています。

SSH接続ができたら、「passwd pi」とターミナルに入力して、新しいパスワードに変更しておくことをオススメします。

Linuxコマンド【 passwd 】ユーザーのパスワードを変更 - Linux入門

おわりに

以上でラズベリーパイ3のセットアップが完了です。

あとはラズベリーパイ3を使って好きなように開発をしていきましょう。

さてどんなものを作ろうかなぁー。

スポンサーリンク

-プログラミング, 電子工作