はじめての家計簿公開!月収16万フリーターの無駄な出費を探す 2017年10月

どうもこじりょー(@kojimaro7)です。

2018年10月の引っ越しに向けて「20万円の貯金」を目指しています。

僕はこれまでお金遣いが荒く、フリーターにも関わらず貯金が2万円を行ったり来たりという状態でした。

当然、節約なども意識しておらず欲しいものがあったらすぐに飛びついていました。

お金遣いの悪さの改善と2018年10月の引っ越しに向けて本格的に貯金と節約をしようと心に決めました。

節約をするならまずは自分の支出をしっかり把握して、無駄な出費を減らす必要があります。

そこで自分の支出を把握するために家計簿を作って2017年10月の出費を分析してみました。

 

はじめにGoogleスプレッドシートで家計簿を作る

Googleスプレッドシートとは?

家計簿を作る方法は色々あります。

ざっとあげると、家計簿アプリやノートや表計算ソフトの「エクセル」を使ったりといろいろありますね。

いろいろある中でぼくが選んだのは「Googleスプレッドシート」を使うという方法です。

Google スプレッドシート | Google

 

Googleスプレッドシートは、グーグルアカウントを持っている方であれば誰でも無料で使うことができる表計算のアプリケーションです。

パソコンからでもスマホからでも、表計算ソフト「エクセル」並みのグラフや表を作ることができます。

まずは自由に家計簿を作ってみたい!だからぼくは「Googleスプレッドシート」

家計簿アプリを使った方が間違いなく簡単に作れるでしょう。

それでもぼくは自分で表を一から作る方法を選びました。

理由は2つあります。

1つは自分の手で一から作ることで、どんなものにお金を使っているのかを頭に叩き込むためです。

これをちゃんと把握しておけば普段の買い物で、「食費の出費が今月は多いから、雑貨の出費は少し抑えよう」と行った具合に自分を制御することができます。

2つ目の理由は出費の分類を大雑把にやりたいからです。

アプリとか使うと細かく分類したくなり、家計簿をつけるのに時間がかかります。

そんなことを続けているとだんだん家計簿をつけるのが面倒になるんですよね。

家計簿の目標はあくまでも無駄な出費を探すことで、綺麗な家計簿を作ることではありませんから。

ちなみにノートもありですが、ぼくは字が汚いので。

あとパソコンとスマホからでも確認できるようにしたいので、パソコンでしか利用できない「エクセル」は選択肢から外れました。

Googleスプレッドシートで作った家計簿

「Googleスプレッドシート」で作った家計簿がこちらです。

 

色をつけたり自動で合計を計算したりと家計簿の作成にも便利なツールです。

気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


2017年10月の家計簿公開

2017年10月の家計簿は9月27日から10月24日までの出費を記録しました。

食費の欄:バイト中の「飲料代」というムダを発見

2017年10月の食費の合計は30,519円でした。

朝・昼・夜はそれぞれ300円台で抑えようと考えていたので、27,269円は予想どうりです。

ただ自動販売機やコンビニで買うバイト中の飲み物代がムダですね。

たかが130円くらいと思っていても、回数が多いと,250円もの出費です。

バイト中の飲み物は水筒を持参することで11月はバイト中の飲み物代を0円に抑えます。

さっそく水筒も購入しました。

和平フレンズのこの水筒は1000円という安さにも関わらず保温性すごいです。

逆にアッツアッツのまま入れると冷めるまで飲めないので注意が必要です。

娯楽:全て無駄とジャッジ

2017年10月の娯楽の合計は1,075円です。

「Sing」というのはカラオケアプリです。

こちらの有料会員サービスを1ヶ月560円で利用していました。

カラオケは好きなんですが、必須かと言われるとそうでもないのでお金に余裕がない現状では解約をせざるを得ません。

カラオケアプリ「Sing!」無料・有料どちらも楽しく使うための全知識

「PS plus」というのはPlayStation4というゲーム機でオンライン機能を利用するために契約していました。

ですがここ最近はオンライン機能が必要なゲームをしていないので解約です。

ただ「モンスタハンターワールド」というゲームがめちゃくちゃ欲しいので、これを買ってしまったら復活するかも。

まぁ、お金が厳しいので無理だろうなぁー。

という訳で「Sing」及び「PS plus」の解約により、11月は1,075円浮くことが確定です。

美容:冬にも使える服を買えばよかった

2017年10月の美容の合計は12,094円でした。

秋服で薄いチェスターコートとスラックスを買ったのですが今年は寒いですよね。

そう考えると、冬にまた買うくらいだったら冬物買っておけばよかったと思ってます。

スラックスも今のところ着てないし。

服は長く、そしてすぐに使うものという基準を持って選んだ方が良さそうですね。

しょうがないので11月は外出を控え、買ったもので我慢します。

また11月は散髪の予定もないので美容の項目は0円で抑えることができそうです。

スポンサーリンク


勉強:本は自分への投資!だからケチらない

僕は知識をつけるためによく本を購入して勉強します。

本を買うのはいいんですが、買っても読んでいないってこともたまにあるので注意が必要です。

ただ本はある意味自分に対する投資でもあるので、ここをケチることはしません。

月2000円の中で、どうしても欲しい本に限り購入します。

医療:虫歯の治療

2017年10月の医療費は4800円でした。

歯医者には虫歯の治療で2017年の2月から通ってます。

全く歯医者に行ってなかったこともあり虫歯の数も多く長期で通っています。

虫歯の治療は10月で終わりましたが、最後の砦である親知らずの抜歯があります。

そのため11月も医療費はまだまだかかりそうですね。

悪いところはすぐに直すこと、健康を意識した生活を送ることが医療費の節約に繋がるのだと身にしみました。

雑貨:全て必要なもの

2017年10月の雑貨は5,691円でした。

こちらはバイト中の飲み物代を節約するための水筒と仕事で使うリュックの購入です。

これらは必要なものなので特に無駄ということはないですね。

11月に仕事で使うものを購入する予定はないので、こちらも0円で抑えることができそうです。

光熱費:付けっぱなし、出しっぱなしを減らそう

2017年の光熱費の合計は6,249円でした。

水道代は何ヶ月かおきの支払のため抜いています。

光熱費はなるべく出しっぱなし、付けっぱなしを意識して減らすぐらいでいいと今のところ考えています。

というのも、ぼくは兄妹二人で暮らしています。

10月は妹が実家に帰っていて丸々いなかったので僕が光熱費を負担しますが、11月からは折半にもどります。

なので光熱費を改善するかどうかはちょっと様子見です。

通信費:ネットとスマホ回線は改善余地あり

2017年10月の通信費は20,925円でした。

やはりスマホ代が7,347円と高いですね。

ここは格安SIMなどを利用して安くする必要があります。

またネット回線4,860円は工事費用が含まれているため若干高いです。

工事費用はキャッシュバックで片付けて、回線費用も場合によってはもう少し安くすることができるかもしれません。

サーバー代及びドメイン代は自分のビジネスに必要なものなので特に問題ないです。

NHKの費用は妹と折半しているためここも問題ないです。

税金:税金はやっぱり高い

2017年10月の税金は36,000円でした。

税金は払わなくちゃいけないものなのでしょうがないですね。

ちなみに年金は免除中であるため抜いています。

収入が厳しい方で年金を払っている方がいたら、免除または減額といったこともできるので検討してみてください。

保険料を納めることが、経済的に難しいとき|日本年金機構

借金:借金はしないに限る

2017年10月の借金の返済額は27,714円でした。

アパートの更新料を払うためにクレジットカードからキャッシングをしました。

現状、リボ払いで返済しています。

奨学金もキャッシングのリボ払いも利息がかかるので、余裕のあるお金はなるべく多めに借金の返済に当ててく必要がありますね。

家賃:クレジットカード払いのためお得

ぼくは家賃89,000円の所に住んでいます。

それを妹と折半するため家賃は44,500円です。

家賃の支払いはクレジットカードなので、それがポイントに還元されて若干お得です。

ここも引っ越しするまでは改善の余地がないので特に問題なしとします。

2017年10月のまとめ

これまでのツケが回ってマイナスからのスタート

10月は本当に悲惨でした。

8月のアパート更新料+8月と9月の金遣いのあらさによって貯金はゼロでした。

このあたりの把握が遅れたのは、クレジットカードの明細を細かくチェックしてなかったのが原因の1つでもありますね。

ぼくはもう2年くらい普段の買い物はクレジットカードです。

ものすごく便利でお得なんですが、ちゃんとどれくらい使ったのか意識していないと使いすぎます。

そのあたりの意識が長く使うちに薄れていました。

その結果、貯金はゼロとなり、現金がないため追加で必要最低限の額として追加で25,000円のキャッシングをしました。

つまり−25,000円という状況から2018年8月までに「貯金20万」という目標に向かってスタートということです。

11月は貯金より借金返済を優先

10月の出費のいくつかはクレジットカードで支払っているため、支払いは11月の給料日以降になるものがあります。

そのため11月の出費の合計を大雑把ですが予想することができます。

27,269(食費のみ)+12,094(美容)+1,088(勉強)+5,691(雑貨)+1,5845(通信)+14,000(国保)+27,714(借金)+44,500(家賃)= 147,841円

光熱費と医療費も入れて11月の出費はだいたい15万円前後ということになりそうです。

給料が平均で16万円なので単純計算で「16万ー15万=1万」で残るのは1万円ってところですね。

11月もなかなか厳しそうですので、雑貨及び美容での出費は0円で抑える必要があります。

また、浮いたお金は借金の返済に当てていくのが12月まで続きそうです。

 

おわりに

以上、2017年10月の家計簿でした。

やっと自分の置かれている状況を把握することができました。

かなりまずい状況ですね。

やはり普段から何にどれくらいお金を使っているのかを把握するのは大事ですね。

自分の状況はちゃんと認識したので、これからしっかり引き締めて目標である「貯金20万」を達成できるように頑張ります。

それでは、こじりょーでした。

スポンサーリンク


関連記事広告

この記事を読んだ人にオススメな記事



-東京で暮らすフリーターの節約大作戦