めんどくさがりな人はその最強の才能を最大限活かすべき

2017/04/11

私はめんどくさがりなんです。

・週3回は同じ服を着る。(連日ではないですよ 笑)
・朝・昼・晩同じものを食べる。(オムライス)
・会社いくのめんどくさい。(これはみんなそうか 笑)
・友達に連絡するのめんどくさい。(ものすごい寂しい...。)
・ブログ書くのめんどくさい。(ネタ、ネタ、ネタ)
・お金稼ぐのめんどくさい。(働きたくない...。)
・職場の人とのコミュニケーションめんどくさい。

まだまだありますが、ざーと見てみると...。
うん、ダメ人間ですね 笑

この性格を何度も直そうと思ったのですが、めんどくさがりな私のことですから、直せないんですよね。
もう開き直って、この性格を長所にできないか考えてみました!

スポンサーリンク

めんどくさがりの長所

1.課題を発見できる

めんどくさいということは、そこになんらかの手間があるわけです。その手間を自分で工夫して解決できるようになれば、それはもう儲けもの。その知識をネタにブログもかけちゃいますね。(現にこの記事もブログのネタ考えるの面倒だから、めんどくさいことをネタにした。)
めんどくさいと思うことは、他の人も感じていることなのでより共感を集めやすいはず!!
つまり、価値のある記事になりやすいではずです!

2.効率的

上の話に通づることですが、事前にめんどくさいことがわかるなら、そのための対策を事前に考えることができますね。早い段階でめんどくさいことに対処できますので効率できですね。

3.いかに楽をするかを考えられる

めんどくさいから、こうなれば楽だなーと思うアイディアが思いつきます。あとは実行あるのみなんです。

まとめ

めどくさがりは、楽するためのアイディアを考えることができるんですよね。
楽するためだったら行動もできるし、本当に素晴らしい才能だと思います。
めんどくさがりはどんな人にも共通であると思います。
そこに負い目を感じることなく、むしろどんどん楽するための方法をあれやこれやと考えて実践していくべきですね。

さて、仕事いくのめんどくさいなー。
ブログで稼いで、もっと楽しよ!

スポンサーリンク

関連記事広告

この記事を読んだ人にオススメな記事



-人生・仕事