うつっぽいときの3つの原因と解決方法

2017/04/11

「なんだか余裕がない。」
「不安を抱えている。」
「気がつくと焦っている。」

心に余裕を感じることができないときってありますよね。
このような気持ちのときに無理ばかりしていると、うつなどの心の病気にかかりやすくなってしまいます。

そこで、「『うつ』になりやすい人」からその原因と解決方法のヒントを見つけて、自分の心を見つめ直してみましょう。

スポンサーリンク

過剰に自分を抑え込んでいる

「うつ」は自分を無理して偽っている人ほどなりやすい病気です。

よく周りから「いい人」「優しい人」と言われる人は、自分を抑え込んでいませんか?

執着性格の人は前向きのエネルギーより、みんなに「いい人」と思ってもらうことにエネルギーを使う。「いい人」と思ってもらうことに執着する。だからストレスも強くなる。

人から「こう見られたい」「こう思われたい」ということに執着するから疲れる。

「『うつ』になりやすい人」P45

自分の思っていることや本当の気持ち。

全部を溜め込んでいるから苦しいのです。

貯めなこまないためには、入ってくる前に分別してしまいましょう。

そのためには、まずあなたの嫌いなことと好きなことをはっきりさせていく必要があります。

執着性格人は自分に無理をして生きている。

嫌いな人なのに無理をして好きな人と思い込んでいる。自分の感情を無理に操作している。でも感情は、そのように都合よく操作できるものではない。

感情的に無理をしているからどうしても心にゆとりがない。

「『うつ』になりやすい人」P74

どんな人にもいい顔をするから、心がいっぱいいっぱいになってしまうのです。

まずは自分に正直になることからはじめましょう。

嫌いな人がいたっていいんです。

スポンサーリンク

理想の自分とのギャップに苦しむ

理想の自分と今の自分のギャップをすぐにでも埋めたくて頑張っている。

けれども結果はすぐにでない、焦ってばかりで心が苦しくなる。

そして何に対してもやる気がなくなるんですよね。

彼らはいま勝負している。まずは◯を一にすることから始めればいいのに、いきなり一を一◯◯にしようとするから、きつい。

「『うつ』になりやすい人」P160

この文章を読んだ時、思わず「ハッ(゚ロ゚;」っとしました。

あなたにあなたのスピードがあります。

いきなり多くのことをできる人なんていません。

ゆっくりと確実に一歩一歩積み重ねていけばいいんですよ。

焦る必要なんてないです。

だからときには堂々とダラダラしてゆっくり休みましょう。

なんだかわからないけれど、ダラダラと過ぎていく時間がある。「さあリラックスしよう」と意識的に過ごす時間ではない。運動もしてないし、仕事をしていない。

この分類できないダラダラとわけもなく過ぎていく時間が案外と大切なのである。

「『うつ』になりやすい人」P194

自分をもっていない

あなたには自分の意志はありますか?

自分への過剰なまでな自信のなさや、他人からの評価。

これらに縛られていては、いつまでたっても心は不自由で不満のままです。

それがあなたを生きづらくさせているんですよ。

意志のない人は、どうしても不満になる。生きることがつらくなる。

「自分はこれをしよう」という意志ほど人生で大切なものはないだろう。

「パン屋になろう」「この人と結婚しよう」「散歩に行こう」「子どもをつくろう」「この会社に入ろう」「犬を飼おう」「大学に入ろう」…なんでもいい。

自分の意志で「これをしよう」と思うことがないと、どうしても不満になる。

「『うつ』になりやすい人」P191

あなたが思っていることならなんだっていいんです。

大切なのは他の誰かに言われたからとかではなく、「自分はそう感じた」「自分がやりたいと思った」と自分の意志をちゃんと感じることですよ。

自分の心の声にもっと耳を傾けましょう。

他人がどう思うかではなく、自分がどう思うかを大事にするべきなんです。

この本を読んで私が気づいたこと

・自分の本当の気持ちを押さえ込んでいたため、嫌いことも好きなこともわからなくなっていた。

・すぐに成果をもとめてしまい、なにかに焦ってばかりだった。「もっとゆっくりとマイペースに生きていいんだ。」と思うことができて、自分に優しくなれた。

・自分の意志として「マイペースに働いてのんびり生きていく」と心に決めた。

スポンサーリンク

-人生・仕事