動画の自撮りに超使える!Breettのクリップ式スマートフォンホルダー

2017/10/03

どうもこじまろ(@kojimaro7)です。

スマホで動画の自撮りをする際にストレスが多すぎてなんとかならんのかと悩んでいました。

そこでスマートフォンホルダーを探すことにしたところ、いいもの見つけましたよ。

スポンサーリンク

ホルダーがないと動画の自撮りは大変

動画の自撮りをする時って、撮影したいアングルにスマホを設置するのが結構大変です。

その辺のものに立てかけてもズレたり滑ったりして、うまくいかないことがよくあります。

それに、イヤホンや充電ケーブルを付けたままにしたいんですよね。

スマートフォンホルダーがないと、スマホでの動画の自撮りは結構ストレスが多いです。

とは言っても、どんなスマートフォンホルダーがいいのか分からないですよね。

そこでオススメしたいのが、Breettのクリップ式スマートフォンホルダーです。

Breettのホルダーを使ってみる

机に挟んでみる

Breettのクリップ式スマートフォンホルダーは挟める場所があればどこでも使うことができます。

試しに机に挟んでみました。

m1170046

机などに挟むクリップ部分を見てみると丈夫な作りになっていますね。

m1170048

スマホを挟んでみる

スマホを挟むクリップの部分は360度回転するので、撮影時のアングルを自由に変えることができます。

m1170049

またクリップの内側にはグリップが付いているので、スマホが滑りにくく傷つきにくくなっています。

スマホを挟むクリップ部分もしっかりした作りになっていますね。

m1170051

ちなみに対応機種にiPhone7の記載はありませんでしたが挟むことはできました。

ただ対応機種にiPhone7の記載がないので、ご利用は自己責任でお願いいたします。

アームを曲げてみる

スマホの重さにも耐えるアーム自体が硬めであるため、スマホを挟んで倒れることもありません。

m1170052

しっかり支えてくれてますねー。

アームが硬めであるからこそスマホの重さで倒れる心配はありません。

ただその分、アームを曲げるのには少し力が入ります。

コツはクリップ部分のアームを片手で押さえて、もう片方の手で少しずつ曲げていくと簡単に曲げられます。

女性でも曲げられないことはないはず。

m1170054

m1170056

各クリップの先端部分は強引に曲げると折れる可能性が高いです。

アームを曲げる際は、上記の写真のように先端部分を片方の手で押さえて、もう片方の手で少しずつ曲げるようにするといいですよ。

片手で全部やろうとすると先端部分が折れる可能性がありますから注意が必要です。

スポンサーリンク

おわりに

本当にスマホで動画の自撮りがやりやすくなりました。

充電ケーブルにイヤホンジャックまで付けたまま自由なアングルで撮影できるので大満足です。

アマゾンのレビューでほとんどの人が高評価をつける理由がわかりますね。

m1170057

動画の自撮りはアングル次第で写りがだいぶ変わるので、高さ、角度を自由に変形できるのはすごく助かります。

スマホで動画の自撮りをする際に、思い通りのアングルで撮影できずに苦戦している方は、ぜひBreettのクリップ式スマートフォンホルダーを使うことを検討してみてはいかがでしょうか?

こちらからアマゾンの商品ページに移動できますよ↓

スポンサーリンク

関連記事広告

この記事を読んだ人にオススメな記事



-iPhoneアクセサリ, 動画クリエイター