つまらない社会人生活になるのは仕事しかしていないから

2017/10/02

どうもこじまろ(@kojimaro7)です。

「学生の時はあんなに楽しかったのに、社会人になってから急に退屈になった。」

こういう声をよく聞きます。

ぼく自身も、会社員をやっていた時は仕事ばかりでなんだか人生が退屈でした。

結論から言えば、社会人になってから退屈になる原因は仕事しかしていないからです。

仕事ばかりの毎日は退屈

一般的に、会社員なると週の5日間は仕事ですよね。

となると自分の自由にできる時間は週2日間となります。

この休みの2日間をただ寝て過ごすだけだと、何もせず休みが終わっていきます。

そしてまた仕事の5日間が始まりますよね。

まさに仕事しかしていない状況になっているわけです。

社会人になってからつまらないと思っている方は、自分の1週間を振り返ってみてください。

「食べる」「寝る」「仕事」という3つの活動しかしていなのではないでしょうか?

特に趣味がない人の1週間は「食べる」「寝る」「仕事」というサイクルを繰り返していることでしょう。

スポンサーリンク


仕事はほどほどに遊びを本気で

仕事ばかりの日々では、仕事しかしていないので退屈になるのは当然です。

ではどうしたらいいか。

それは生産的な趣味をみつけることです。

生産的な趣味とは自分のスキルアップのための活動や、自分が作り手になって誰かにとって役に立つものを提供できるような趣味です。

例えば、ただゲームを消化していくだけではなくゲーム実況などのクリエイターをやってみたり。

スキルアップであれば、英語の勉強をはじめてみたりと。

自分から学んだり、誰かに何かを提供できるような活動を本気でやることです。

思い出してみてください。

なぜ学生時代が面白かったか。

それは自分から学んだり、誰かに何かを提供できるような活動のきっかけを学校側がいつも提供していてくれたからです。

社会人になるとそのようなきっかけは誰も提供してくれません。

自分から積極的に掴んでいく必要があるのです。

スポンサーリンク


趣味をみつける方法

なにか趣味をみつけてみたくなったら、習いごとを学べるサイト「ストアカ」でものぞいてみることをオススメします。

「ストアカ」には社会人のビジネススキルアップの講座だったり、趣味のスクールといった情報がたくさん掲載されています。

まずはこういったものをざっと眺めて、やってみたいものをリストアップしていきましょう。

その中からやってみたいものを順位づけして、順番にやって行けば「コレだ!」って思うような趣味がみつかるはずです。

スクールや教室などをうまく活用すれば、自分から趣味の時間を作るきっかけづくりになります。

「ストアカ」は無料で登録が可能で、メールアドレスとパスワードの設定のみの簡単登録です。

スクールなどの予約には登録が必要なので、興味がわいたらぜひ登録してみましょう。

【公式サイト】会員登録無料!習い事が学べるサイト「ストアカ」

おわりに

自分のやっている仕事によっぽどやりがいを感じていないと、仕事だけの生活は地獄です。

社会人になってからつまらないと思っている方は、夢中になれるような趣味を自分からみつけて、つまらない毎日とおさらばしましょう。

スポンサーリンク


関連記事広告

この記事を読んだ人にオススメな記事



-人生・仕事