貯金はネット銀行へ!これから貯金するのにおすすめな銀行3選

2017/11/12

どうもこじりょー(@kojimaro7)です。

この記事ではこれから貯金を始める人に向けて、お得に貯金ができるネット銀行をご紹介します。

ネット銀行にも色々あるのでどこで貯金専用の口座を作ろうか迷いますよね。

そこでこの記事では貯金することで「トクする」ネット銀行を厳選しました。

これから貯金するのに最適なネット銀行をみつけることができますよ。

ネット銀行で貯金口座を作るメリット

メガバンク(銀行)に比べて金利が高い

金利とは銀行に対して預金することで、預けたお金に対して銀行からもらえる利子です。

ネット銀行はメガバンク(銀行)に比べて金利が高い点はメリットの1つです。

例えば2017年11月時点のみずほ銀行の定期預金の金利は「0.01%」です。

円預金金利 | みずほ銀行

100万円を一年間預ければ税引き前で100円、さらにここから約20%の税金が引かれてもらえる額は約80円といったところです。

一方でネット銀行の「イオン銀行」の定期預金の金利は満期一年間で「0.05%」です。

預金金利(定期預金・普通預金)|イオン銀行

イオン銀行で100万円を一年間預ければ税引き前で500円、税引後は約400円といったところでしょう。

大手銀行だと100万円を一年間預けても約80円ですが、ネット銀行だと約400円とかなりの差があります。

利子といっても100万円預けて数百円もらえるぐらいの微々たるものですが、預けるだけでお金がもらえるのはお得です。

したがって貯金の口座にはネット銀行を選ぶ方が賢い選択と言えますね。

お得で便利なサービスがある

ネット銀行によっては貯金に便利でお得なサービスがあります。

  • お給料が振り込まれる口座から貯金専用の口座に自動で振り込んでくれるサービス
  • 貯金するだけでポイントがたまる
  • コンビニATMの手数料が無料になる
  • 他行への振込手数料が無料になる

上記のようにネット銀行には貯金に便利でお得なサービスがあるのもメリットの1つです。

スポンサーリンク


ネット銀行のデメリット

IDとパスワードを忘れた時の手続きが面倒

ネット銀行で取引する際は必ずIDとパスワードが必要になります。

そのため忘れないことと、情報を漏らさないように気をつける必要があります。

なおIDは受け取った書類に記載されていることが多いですし、IDさえ覚えておけば最悪パスワードは再設定することもできます。

ただ両方忘れてしまうと手続きがめんどなので忘れないように対策することが重要です。

貯金口座にオススメなネット銀行3選

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行には、他行の口座から住信SBIネット銀行に自動入金できる「定額自動入金サービス」があります。

月1万から自動入金できる金額を設定でき、自分で貯金専用の口座へ振り込む必要がないので便利です。

しかも手数料無料で入金してくれます。

さらに「定額自動入金サービス」の利用は「スマプロポイント」というポイントが付与されるのでお得です。

スマプロポイントは500ポイント以上を100ポイント単位で現金に交換することができます。

貯金の手間もかかりませんし、その上現金に交換できるポイントもつくのでまさに至れり尽くせりですね。

そのほかの特徴には以下のようなものがあります。

  • 専用アプリから残高を参照することができる
  • SBI証券の口座と連動すると普通預金の金利が「0.01%」
  • 「イオン銀行」「セブン銀行(セブンイレブン)」「ゆうちょ銀行」「イーネット(ファミリーマート)」のATMから入出金可能
  • 出金手数料はランクに応じて月2回から15回まで無料
  • 他行あてへの振込手数料はランクに応じて月1回から15回まで無料

住信SBIネット銀行の公式サイト↓

【公式サイト】住信SBIネット銀行

スポンサーリンク


ソニー銀行

ソニー銀行の最大の魅力は「セブン銀行」と「イオン銀行」のATMからの出金手数料が24時間365日いつでも無料です。

そのため貯金のお金をいざという時に引き出しやすいです。

引き出しやすいが故に貯金のお金を使わないように注意する必要はありますが。

またソニー銀行には貯金するのに便利なシミュレーションができる「ほしいものナビ」というサービスがあります。

自分が貯金する目的と金額と期間から、自動でお金の貯め方や投資などを活用した増やし方などのプランを提案してくれます。

1年などの短期間のシミュレーションはできませんが、2年以上かけて長期的に貯金したい人には参考になります。

そのほかには以下のような特徴があります。

  • 「ほしいもの貯金箱」という機能を使えば目的別に口座を捉えることができる
  • 給料が振り込まれる口座からソニー銀行へ自動で入金できる
  • 専用アプリから残高を参照できる

ソニー銀行の公式サイト↓

MONEYKit | ソニー銀行

イオン銀行

イオン銀行は「イオンカードセレクト」を保有すると普通預金の金利が「0.1%」と高金利な点が魅力的です。

100万円を一年間預ければ税引前で1000円の利息がもらえますね。

イオンカードセレクトとは、キャッシュカード、クレジットカード(イオンカード)、電子マネー (WAON)の機能・特典が一体になったカードです。

イオンカードセレクト | イオン銀行

イオンカードセレクトは年会費も無料ですし、口座開設時に申し込みするだけなので簡単に金利をアップできます。

セブンイレブンのコンビニATMは利用できないものの、ローソンやファミリーマートでは利用することができます。

ローソンやファミリーマートなどのコンビニATMは手数料がかかるものの、ステージ特典に応じて月1〜5回までなら「108WAONポイント」もらえます。

イオン銀行ポイントクラブ | イオン銀行

つまりATM手数料が「108円」になる平日の8:45〜18:00の利用なら回数限定で実質無料ということです。

また「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」「三菱東京UFJ銀行」のATMにも対応しているので、これらのATMの取引が無料になる時間帯の入出金の手数料はかかりません。

ATM | イオン銀行

他にも以下のような特徴があります。

  • 専用アプリから預金残高を確認できる
  • イオン銀行ATMなら24時間365日手数料無料

イオン銀行の公式サイト↓

イオン銀行

おわりに

これから貯金を始めるならネット銀行を選択するのが賢い選択です。

「高金利」「自動振込サービス」「ポイント還元」「ATM手数料無料」などのお得なサービスが受けられるのはネット銀行の利点です。

ただ貯めるのではなく賢く貯金して得しちゃいましょう!

それでは、こじりょー(@kojimaro7)でした。

スポンサーリンク


関連記事広告

この記事を読んだ人にオススメな記事



-東京で暮らすフリーターの節約大作戦