初心者必見!注目される記事タイトルのつけ方が身につく記事3選

2016/07/11

記事が読まれるか読まれないかはタイトルに左右されます。
アクセスが伸びないと悩まれている初心者ブロガーの方は、記事タイトルのつけ方を見直してみてはいかがでしょうか?

と言われても、なにをどうしたらいいのかわからないですよね?
そこでぼくが読んでみて、「これわかりやすい!」と思った記事を3つご紹介します!

スポンサーリンク

SNS向けのタイトル・検索エンジン向けのタイトル

【決定版】ブログタイトルのつけ方で記事は化ける!!|アフィリエイト大将軍

Googleで検索してみても、タイトルのつけ方に関する記事は多くありますね。

ですが、どの記事を見ても思うんですが、SNS向けのタイトルのつけ方と、SEOを意識したタイトルのつけ方が混ざっちゃてるんですよね。

実はSNS向けと 検索エンジン向けではタイトルのつけ方は違ってくるのです。
『【決定版】ブログタイトルのつけ方で記事は化ける!!|アフィリエイト大将軍』

ぼくが「なるほど!」と思ったポイント

SNSで拡散を狙ったタイトルと、検索エンジンからの集客を狙うタイトルは考え方が違うということには驚きました。

今後もタイトルに関して調査していくことを考えると、検索エンジンとSNSは違うということを、前提として抑えておいた方がいいです。

記事タイトルのつけ方の基本

ブログ記事タイトルのつけ方に悩むあなたへ贈る4つのアドバイス|naifix

記事タイトルを作文や論文などの題名と同じように考えてしまうと、イメージがつかみづらいと思います。

そこで、このように考えてみてください。

Point
記事タイトルは読者をひきつけるためのキャッチコピー

つまり、客観的に内容をあらわしたものではなく、クリックして記事を開いてもらうための短い文章がタイトルということです。

『ブログ記事タイトルのつけ方に悩むあなたへ贈る4つのアドバイス|naifix』

ぼくが「なるほど!」と思ったポイント

文章を書くとき、つい学生時代の癖で無意識に作文や論文のようなタイトルをつけていました。これではおもしろくないですよね。

ブログ記事のタイトルはキャッチコピーであることを意識しておかなくてはいけません。

また、「読んでわかるタイトル」と「見てわかるタイトル」に関する言及は特に必読です。

有名な話ですが、ここの文字数は「13 文字以内」と決められています(半角英数字は 0.5 文字換算)。

これは、タイトルを読ませるのではなく見せることを意識しているからです。

参考Yahoo!ニュース トピックスが13文字である理由

文字数の法則がブログタイトルにもそのまま当てはまるわけではありませんが、「読まれる」のではなく「見られる」という考え方は共通しているんじゃないかと思います。

『ブログ記事タイトルのつけ方に悩むあなたへ贈る4つのアドバイス|naifix』

多くの情報に日常的にふれる現代では、「読んでわかる」より「見てわかる」ほうが、注目されやすくなっていきます。

ちょっと難しいですが、「見てわかるタイトル」を今から意識して、考えたほうがいいですね。

今日からYahoo!ニュースのトピックだけみよう。

スポンサーリンク

読む価値があることを伝えよう!

Webライター歴5年で培ったブログタイトルのつけ方8つのコツ|Cバイブル

皆さんも経験があると思いますが、自分には関係のなさそうなブログや、求めている利益が得られなさそうなタイトルのものを、読み手は決してクリックしません。ブログタイトルをつける際は、読み手にとってのメリットや、どんな利益が得られるのかが分かりやすいタイトルを目指しましょう。

《わかりにくい例》
2016年発売予定の手帳5選:何を基準に選んでいるのかがわかりにくい・発売されているものをただ羅列しているのではないかと思わせる

《わかりやすい例》
プライベートも仕事も充実させたい女性におすすめの2016年手帳5選
営業マン必見!仕事効率が上がる2016年おすすめ手帳5選

『Webライター歴5年で培ったブログタイトルのつけ方8つのコツ|Cバイブル』

ぼくが「なるほど!」と思ったポイント

自分に関係あると思った記事を、ぼくは読みますね。
この「自分に関係ある」という点をタイトルで伝えなくては、どんなにいい記事を書いていても読んでもらえる可能性がガクッと落ちます。

「この記事はどんな人に向けた記事なのか。」を必ず明確にして記事を書くことを意識していきましょう。

おわりに

ブログを成長させるために必要なことは「とにかく書くこと」です。
でもただ書くだけではだめで、どう書くかを考える必要があります。

「どう書くか」のひとつにタイトルのつけ方が含まれるとぼくは考えています。
効果的なタイトルを真似し、実践し、考えて、自分なりのタイトルのつけ方を作っていきたいですね。

そのためにも、今回ご紹介した記事を参考にタイトルのつけ方の基本をしっかり抑えましょう。

スポンサーリンク

-ブログ運営